レースレポート

RACE REPORT

Round.6 
05.27 Sun スポーツランド SUGO

決勝レース 5月27日(日) 
天候:晴れ / 路面:ドライ

五月晴れのスポーツランドSUGOは気温19.1度、路面温度35.7度という絶好のレースコンディションとなった。12時15分になるとスタート進行が始まり、予選で車を壊してしまった1台を除く39台がコースイン。選手紹介が終わるとフォーメーションラップがスタートし、全車スターティンググリッドに着くとスタートシグナルがオールレッドからブラックアウト。8周のレースが始まった。ポールスタートの#36阿久津は真っ先に1コーナーへ入っていく。2番手には#390坂井がつけ、その後方では5番手スタートの#119森下が#373清原と#34石坂の2台をパスして3番手に浮上する。トップをいく#36阿久津は3コーナーの立ち上がりでマシンの姿勢を崩して失速すると、続くヘアピンコーナーで#390坂井に並ばれ、軽く接触してしまう。ここでスピードが落ちた2台を#119森下がインから抜き去りトップに浮上。#390坂井は2番手にポジションを落とし、#373清原が3番手に順位を戻す。一方、#36阿久津はマシンをグリーンに止めて戦線から離脱してしまう。そして後方では5番手を走行していた#137若林が#97 飛河との接触からマシンを大破してグラベルにストップしてしまう。オープニングラップのオーダーは#119森下を先頭2に、2番手#390坂井、3番手#373清原がつけ、少し間隔を空けて#34石坂、#69寺地晃正、#38岩間浩一がつづく。2周目に入ると坂井が#119森下にプレッシャーをかけ、レインボーコーナーで#119森下にインに入ると2台並んだ状態で立ち上がっていく。イン側の#390坂井は馬の背コーナーで#119森下を抜き去りトップが入れ替わる。3周目に入るとトップ争いは#390坂井、#119森下、#373清原の3台に絞られる。#390坂井は徐々に#119森下との差を広げるが、レースが終盤に入ると#390坂井の前方に周回遅れが現れ、抜くのに手間取っている間に#119森下との差が縮まってしまう。しかし、#390坂井はその後必死の走りで#119森下の猛追を退け、今期1勝目を挙げチャンピオンの意地を見せた。2位には#119森下、3位には#373清原、4位には#34石坂が入り、5位には6周目に#69寺地を捕らえた#38岩間が入った。注目の#17金石は#27手塚とのバトルを制し9位でチェッカーを受けた。

《優勝 #390坂井拓斗選手のコメント》
「色々な事が起きたレースでした。1周目の4コーナーで阿久津さんがグラベルに飛び出して加速が鈍くなったのでチャンスだと思ったのですが、僕自身も混乱してブレーキをミスしてしまい立ち上がりで森下さんが我々2台を綺麗に抜いていきました。これはまずいなと思いましたが、タイヤの調子も良く、いつかチャンスが来るなと思いました。2周目のハイポイントコーナーで森下さんがミスをしたので次のレインボーコーナーで仕掛けて馬の背コーナーで抜くことができました。でも周回遅れの車を抜くのに手間取っていたら森下さんが近づいて来たので最後まで油断できないなと思いました。やっと菅生で勝つことができました。家族の前で優勝できて嬉しいです」

《2位 #119森下陽介選手のコメント》
「フロントローの2台は常連だし、あわよくばスタートで抜けたらいいなと思っていました。事前にF3のスタートのタイミングを見てレースに臨みました。1コーナーまでは回りの方々も無理矢理ラインを締めるようなことも無く、私の存在に気づいてラインを開けてくれて3番手に上がりました。その後4コーナーで前の2台がぶつかってしまったので、驚きながらトップに立ちました。その後の坂井選手は速かったですね。2周目のハイポイントコーナーでインを締め過ぎたために出口で失速してしまい、抜かれてしまいました。そこからは付いて行くのに精一杯でした。坂井選手は周回遅れを抜くのに手間取っていた場面が何回かあり、無理に抜くチャンスもあったのですが、ブリーフィングで中山コーチから、これはそういうレースではないと言われていましたので無理はしませんでした。でも坂井選手は速かったです。年に1回しか出場していないチームなのにメカニックさんたちは車を上手く仕上げてくれて素晴らしい技術力だなと思いました。これを他のサーキットでも展開できたら良いなと思います」

《3位 #373清原章太選のコメント》
「スタートでミスしてしまいました。まだまだ車に慣れていない部分があると思いました。抜こうと思ってもスピードリミッターが効いてしまうので、抜くときは勢いが必要ですね。目の前でアクシデントを見てリスクを考えてしまいました。前の2台がやりあっていたのでチャンスがあればその隙を狙おうと思い後ろからプレッシャーをかけようとしましたが、よく見ると前の車のドアミラーの向きが変で、後ろが見えないことが分かり、プレッシャーをかけても無駄だと思いました。3位という結果は前回のもてぎに比べたら良かったと思います。次の筑波は更に上位を狙って頑張ります。」

決勝リザルト

WEATHER : Fine COURSE : Dry Road Course:3.704km

Pos. No. Driver Team/Car Time Ave. km/h Gap Best
1 390 坂井 拓斗 HCM☆T&T☆N-ONE 16'27.517 108.031 - 2'01.931
2 119 森下 陽介 政宗Victory N-ONE 16'28.013 107.977 0.469 2'02.172
3 373 清原 章太 HC茨城南N-ONE 16'29.654 107.798 2.137 2'01.816
4 34 石坂 瑞基 YHアウティスタN-ONE 16'34.591 107.263 7.074 2'02.110
5 38 岩間 浩一 HCM☆SUPER☆N-ONE 16'38.367 106.857 10.850 2'01.513
6 69 寺地 晃正 MLヌヴォラーリ69N-ONE 16'39.312 106.756 11.795 2'02.197
7 84 五月女 和寛 BSヤマトHデザインN-ONE 16'45.877 106.059 18.360 2'02.987
8 190 畑中 亮治 BRP★BDTP N-ONE 16'45.966 106.050 18.449 2'02.716
9 17 金石 勝智 デイトナ・リアルN-ONE 16'48.034 105.832 20.517 2'03.304
10 27 手塚 篤史 HC野崎MP4/5BN-ONE 16'49.590 105.669 22.073 2'03.460
11 48 関口 美弘 TiR*DXL速心☆N-ONE 16'50.252 105.660 22.735 2'03.129
12 58 水野 稔也 ∞オリョクルμでちN-ONE 16'50.888 105.534 23.371 2'03.198
13 881 秋山 ゆうこ ATJR☆UKc総務N-ONE 16'51.118 105.510 23.601 2'02.585
14 5 黒須 聡一 ナチュラルμ小原商店N-ONE 16'54.248 105.184 26.731 2'02.268
15 60 原田 健太 TACスピードプロN-ONE 16'54.599 105.148 27.082 2'03.328
16 99 吉田 裕貴 N-ONE Modulo X 16'55.278 105.077 27.761 2'03.215
17 44 落合 慧太 南部魂N-ONE 16'55.403 105.064 27.886 2'03.039
18 25 長江 星河 ケアドライブ NR N-ONE 16'55.524 105.052 28.007 2'02.927
19 868 大場 邦夫 TEAM868 N-ONE 16'57.069 104.892 29.552 2'03.399
20 998 吉田 直樹 N-ONEホンダカーズトチオ 17'11.493 103.425 43.976 2'05.240
21 316 廣原 秀多 OdenMagic N-ONE 17'13.220 103.253 45.703 2'05.271
22 50 大輪 良徳 TMG☆DXL☆N-ONE 17'14.473 103.127 46.956 2'05.193
23 40 金井 誠 ☆カーズ埼玉北☆N-ONE 17'15.155 103.060 47.638 2'04.917
24 221 植松 洋樹 クリオ富士安心号N-ONE 17'15.408 103.034 47.891 2'04.939
25 72 沼田 勝義 72Racing N-ONE 17'20.446 102.535 52.929 2'04.844
26 136 中曽根 信 内装部品のナカシンN-ONE 17'22.692 102.315 55.175 2'05.786
27 54 峯川 尚 HTC N-ONE 17'28.120 101.785 1'00.603 2'06.872
28 57 新田 泉 アディダスN-ONE 17'28.603 101.738 1'01.086 2'06.012
29 66 桐畑 恒治 CG N-ONE 17'34.132 101.204 1'06.615 2'06.756
30 89 安達 友彰 ケンウッドモデューロN-ONE 17'49.675 99.734 1'22.158 2'08.526
31 222 前嶋 丈浩 クリオ富士自立号N-ONE 17'49.894 99.713 1'22.377 2'08.873
32 223 江藤 和顕 クリオ富士よかった号N-ONE 18'07.932 98.060 1'40.415 2'09.244
33 26 関 麗子 HCF35thN-ONE 18'16.482 97.295 1'48.965 2'12.301
34 358 鈴木 進一 2台目 N-ONE 16'28.895 94.396 1Lap 2'16.075
35 96 掛橋 亜由美 ホンダカーズ宮城中央N-ONE 16'50.460 92.381 1Lap 2'15.404
36 410 佐々木 信雄 HC横手中央N-ONE 18'30.066 84.092 1Lap 2'30.187
37 97 飛河 和樹 N-ONE Modulo-X 18'03.236 61.553 3Lap 2'04.658
---- 以上完走 (4Laps)----
- 36 阿久津 敏寿 DLヌヴォラーリWXN-ONE - - - -
- 137 若林 勇成 BSホンダデザインN-ONE - - - -

開始時刻:12:40’12  終了時刻:12:56’39
参加台数:40台 出走台数:39台 完走台数37台
レース中のベストタイムは No.38 岩間 浩一 / HCM☆SUPER☆N-ONE 2'01.513(3/8) 109.744km/h
※No.97の車両は、2018SUGOインターナショナルレーシングコース4〇〇〇規則 第5章第24条4 (a)違反(危険なドライブ行為(衝突し他車をコースアウト))により、協議結果より1周減算のペナルティが科された。(裁定時刻 12:52)